企業理念

土佐清水にある「磨けばもっと光る宝物」。
ひと手間かけて、全国に驚きと感動を!

土佐清水は太平洋に面しており、黒潮がすぐそばを流れているため、四国でも有数の漁場として知られています。南国ならではの温暖な気候で、野菜やフルーツ栽培も盛んです。美しい自然がもたらしてくれる、海の宝物や山の宝物。そんな土佐清水の宝物に、さらに私たちがひと手間かけることで、新しい特産品として、全国にお届けしていきたいと考えております。
小さな町ですから、漁師さんや農家さんも顔見知りが多いですし、宗田節の節工場での手作業の苦労などもわかります。
だからこそ、原料は捨てるところがないよう、すべて上手に使い切るようにしています。「驚きと感動を!」の精神と共に、それも私たちが大切にしていることです。

ジョン万次郎のように。

日本人初の国際人、ジョン万次郎の故郷としても知られる土佐清水。万次郎は、海で遭難して無人島に流されたところを奇跡的に外国船に助けられ、船の仕事をしながら英語を習得。アメリカで本格的に数学や航海術を学ぶ機会を得て、帰国後、藩校の教授や通訳として活躍した人物です。私たちも万次郎のように、日々の出会いに感謝しながら、新しいことに前向きにチャレンジしていきます。

ウェルカム ジョン万カンパニーができるまで

正真正銘の「メイドイン・土佐清水」の
おみやげをつくりたい!

会社の前身となったのは、「ウェルカムジョン万の会」という地元のボランティアグループ。町おこしや姉妹都市との交流などで、草の根的な活動を長年続けていました。会のメンバーは、土佐清水のおみやげに、もっと地元色を出せないものかと、ずっと考えていました。せっかく土佐清水を訪れてもらったのに、おみやげ屋さんに並ぶのは、県外の原料を使った県外メーカーのお菓子など。こんなに自然に恵まれ、おいしいものや都会にないものがたくさんあるのに…。
そんな折、坂本龍馬を主人公にした大河ドラマの放送が一年後にせまり、高知が全国から注目される大きなチャンスを迎えます。この時期を逃す手はない、土佐清水らしいおみやげがないなら、自分たちでつくればいい。こうして、会の主婦たちが「メイドイン・土佐清水」にこだわり、試行錯誤を重ねながら、自分たちでおみやげを企画し、製造・販売をはじめたのです。

初めての商品「だしが良くでる宗田節」の
ヒットをうけ、会社組織に。

ほとんどが業務用として売買されてきたので、一般の人にはあまり知られていませんが、実は土佐清水は、日本一の宗田節の産地。「メイドイン・土佐清水」のおみやげとしてはうってつけです。
以前にジョン万の会のメンバーが、節工場の人の自宅で、割れた宗田節を醤油に漬けたものをみたことをヒントにし、瓶に宗田節を入れた「だしが良くでる宗田節」を開発。2010年1月に売店に置いてもらったところ、月に100~200本ほど売れ、自分たちでもびっくり。反響も大きく、会のボランティア活動の範囲では販売を続けるのがむずかしくなり、同年7月に田中慎太郎を代表に据え、会社組織に。ホームページも立ち上げ、全国のみなさまからのお問い合わせにも対応できるようにしました。小さい会社ではありますが、大好きな故郷・土佐清水のためにも力を合わせていきます。

代表からのメッセージ

私自身も土佐清水産です!

代表の田中慎太郎です。代表といっても本当に小さい所帯ですけど。私自身は主にホテルやおみやげ屋さんへの納品・営業などで、毎日忙しく動きまわっております。
私は土佐清水で生まれ、育ちましたが、他の若い人たちと同じように、高校卒業後は進学のため、この港町を離れました。東京での就職が決まり、家具職人として働くことになりましたが、まもなく会社が倒産。夢半ば、22歳で帰ってきました。でも、短くても都会で暮らしたぶん、土佐清水の良さにもたくさん気づけたと思っています。帰郷して10年以上が過ぎ、私の新しい夢ができました。おみやげを通じて、土佐清水をもっと有名にすること。そして、会社を少しずつ大きくして、一人でも多くの雇用をつくることです。がんばります!

■ 土佐清水で好きな場所

唐人駄馬(とうじんだば)。巨石が並んでいて、よじ登ったり、そこから遠くを眺めたり。子どもの頃からのお気に入り。

■ 趣味

音楽。ギターウルフというバンドのコピーをやっていて、時々ライブもやっています。
「夏フェスに行くのも好きだぁー!」

会社概要

商号 株式会社ウェルカムジョン万カンパニー
代表者 田中慎太郎
設立 2014年1月6日法人化
所在地 〒787-0305 高知県土佐清水市天神町6-18
電話 0880-83-0085
FAX 0880-87-9393
従業員数 8人